WEB VISION OKAYAMA

企業・事業紹介岡山トヨペット 大型店新生YAHHO倉敷誕生

すべてがそろう車のテーマパーク

 岡山トヨペット㈱(岡山市南区古新田1233-2、末長一範社長、資本金2000万円)のYAHHO倉敷がこのほど、リニューアルオープンした。県下最大級の本店に次ぐ規模の県西部をカバーする旗艦店。敷地内にはスポーツカーブランドの専門店があり、中古車の取り扱いも開始予定など、何でもそろう車のテーマパークを目指している。

全車種見て触って試乗可能

 倉敷市中島668の国道429号沿い1万1407㎡の広大な敷地に、旧店舗を建て替えた鉄骨2階(延べ3538㎡)の店舗・工場やスポーツカー専門店「GRガレージ」を整備した。最大の特徴は豊富な展示・試乗車。展示台数は屋内外約50台で、試乗車も本店と同様に全車種取りそろえいつでも乗り心地を確認できる。

 店内に入ると開放感のあるショールームのほか暖炉を備えたホテルラウンジ風の待合スペースなど、居心地の良さにこだわった空間が広がる。8つの商談ブースも自然光を取り入れるなど明るい雰囲気。さらに高級感あるVIPルームも設けた。また同社初の納車セレモニールームも新設。愛車との出会いを演出する。

 接客では車番認識システムで入店時に瞬時に顧客情報を照会し名前で出迎えるなど、これまでに蓄積したノウハウを結集。1969年の開店以来店名になぞらえモットーとしてきた「呼べばこたえる」サービスを提供する。

レース好き集まれ

 GRガレージはトヨタが世界のモータースポーツへの参戦で培った哲学や技術を結集し、昨年誕生したスポーツカーブランドの発信拠点。エントリーモデルからレース仕様まで多彩なGRシリーズの販売はもちろん、カスタマイズやセッティングなどにも対応し、GRコンサルタントが相談にも乗る。同社では、スポーツカーやモータスポーツのファンの交流の場にしたい考えだ。

 さらに4月には、同店内に約130台をそろえる同社最大の中古車販売店もオープン予定。末長社長は「これだけの車がそろうのは全国的にもまれ。実物に触れながらストレスなくしっかりと車選びできることを知ってもらい、より多くのお客様に足を運んでもらいたい」と話している。

PAGETOP