WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル帝国データバンク

県下の12月倒産状況 件数は昨年2番目に

 ㈱帝国データバンク岡山支店は、昨年12月の県下倒産状況(負債額1000万円以上)をまとめた。

 件数は9件(前月比3件増)、負債総額は4憶7500万円(同1億5700万円減)。件数は昨年2番目の高水準だが、大口がなく金額は減少した。業種別では建設・卸売り各3件、製造・小売り・運輸通信が各1件。原因別ではすべて販売不振。

 2017年の年間累計では、件数69件(前年比5件増)、負債総額375億3000万円(同223億3000万円増)。遊技場の大型倒産の発生で金額は大幅に上回った。

PAGETOP