WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル赤沢食品

本社ビル完工し業務開始 新築で人員確保も狙う

 砂糖、小麦粉など食品商社の赤沢食品㈱(岡山市北区東島田町1-1-7、川上俊行社長、資本金8000万円)は2月5日、新本社ビルを稼働する。

 旧社屋の老朽化とイメージアップで新規採用につなげるのが狙い。旧社屋を解体し、757㎡の敷地に鉄筋3階(延べ922㎡)の規模。

 親会社の大和産業㈱(名古屋市)が建設し土地を所有する赤沢食品が賃借。大和産業の岡山支店も入居する。昨年1月まで使用していた旧本社は倉庫として1976年に取得。倉庫機能を外部に委託し、2011年から本社として使用していた。

本誌:2018年1.29号 14ページ

PAGETOP