WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルトータルデザインセンター

児童養護施設にはし届ける活動 子ども用サイズ追加

  • 成長に合わせたサイズで

 対象のはしが売れた本数だけ児童養護施設の子どもたちにはしをプレゼントする「はしながおじさん」プロジェクトを展開する㈱トータルデザインセンター(岡山市北区奥田本町15-20、上村祐貴社長、資本金3000万円)などは、1月22日、対象のはしに子ども用サイズを追加した。

 成長に合わせて使えるよう14.5㎝、16㎝、17.5㎝の3種類を用意。水色、オレンジの2色で価格は1300円(税別)。県内では「にほんぼうイオンモール岡山店」で販売する。

 同プロジェクトは、昨年2月、児童養護施設で生活する子どもの多くが、入所時に持参したはしのままで、サイズが合わなくなったり傷んでいても買い換えられない環境にあることから支援しようと、漆ばしメーカーの㈱兵左衛門(福井県)、はし販売の㈱にほん箸(兵庫県)と共同で企画。

 取扱店は関東の百貨店、ショッピングモールを中心に75店舗とネットショップで、同12月までに4571膳を東京、兵庫、岡山の施設に贈呈した。

PAGETOP