WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルベンハウス

本社併設した賃貸マンション着工

  • 新マンションと周辺の完成予想図

 不動産仲介などの㈱ベンハウス(岡山市北区大元2-3-4、藤澤茂社長、資本金1000万円)は、このほど、岡山市北区下中野721-103他に、本社を併設した賃貸マンション「ベンビレッジ平田東公園」の建設に着手した。

 3388㎡の敷地に鉄筋コンクリート6階、一部4階(延べ3455㎡)の規模。コンセプトは「安全で安心して安住できるマンション」で、障害異常時に警報と映像で確認できるほか、最新の防犯カメラや遠隔操作でのごみステーションや来客駐車場フラップの制御などを取り入れる。間取りは1LDK~3LDK(50㎡~90㎡)の全45戸。

 本社事務所(約100㎡)は1階に設置。エントランスには藤澤社長が保有する同地区の歴史資料などを展示するギャラリーを設ける。藤澤社長は「地域に根差し、幅広い世代が集いコミュニティーを創出できるマンションにしたい」と話している。

 同社は、同マンション隣地に賃貸マンション2棟を運営するほか、周辺に複数の不動産を所有しており、商業施設の誘致なども含め「ベンビレッジ平田計画」として開発を進めていく意向。

PAGETOP