WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル天満屋

10ブランドを改装 ポロ・ゴルフなど初出店

  • 地場工芸品を扱う「くらしの道具岡山贔屓」

 ㈱天満屋(岡山市北区表町2-1-1、伊原木一朗社長、資本金1億円)は3月3日、ゴルフウエア「ポロ・ゴルフ」の導入など10ブランドを改装した。

 春物商品へ完全に切り替わるタイミングに合わせて実施したもので、新規導入は3ブランド。そのうち、4階紳士服売りに導入したポロ・ゴルフと、1階婦人雑貨売り場に入る米国ブランド「トリーバーチ」(4月12日オープン)は岡山初出店。トリーバーチは20~40歳代に人気で比較的若い客層の取り込みを図る。5階にはキッチン用品「クレアテックス」がオープン。このほか、食品で展開してきた自社セレクトショップ「岡山贔屓」の食器版を「くらしの道具岡山贔屓」としてコーナー化(約30㎡)し、備前焼や倉敷ガラスなど地場工芸品を扱う。

 新規ブランドの導入に伴いハンドバッグ、革小物などの「コーチ」、ハンドバッグの「ポール・スミス」などは移設改装した。

本誌:2017年3.13号 11ページ

PAGETOP