WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[生保]「万一」に備える生命保険

Q.「万一」のときの備えとなる生命保険を選ぶポイントと、生命保険の効果的な活用方法は。

4つのポイントを紹介

A.ポイント①「いくら」備えるか把握しましょう
 「万一」は誰にも必ず訪れますが、その時期は分かりません。生命保険では、いつそれが起こっても契約上の死亡保険金を受け取れるため、あらかじめ必要額(必要保障額)を考えておくことが大切です。

 必要保障額は公的保障・企業保障の不足分で、自助努力で補うことになります。その「不足分」は人によってさまざまなので、まずは自分の「不足分」がいくらなのか、そしてそのうち生命保険で備える金額がいくらなのか考えましょう。

ポイント②「いつまで」保障が必要か決める

 生命保険で備える金額とともに、「いつまで保障が必要なのか」を考えましょう。

 将来の収支状況や家族構成などを念頭に置きつつ、今後の生活設計を思い描いたうえで、「一定期間」「一生涯」の保障を選択しましょう。「一定期間」を選択する場合は、具体的にいつまで備えるのか決める必要もあります。

ポイント③商品のしくみを知りましょう

 生命保険商品は、一般的に「主契約」にさまざまな機能の「特約」を組み合わせて成り立っています。

 生命保険によって保障される期間を「保険期間」といいます。主契約や特約には、一定の保険期間経過後に「更新」を迎えるタイプが多くあります。更新後の保険料は、更新時の年齢・保険料率で再計算されるので、通常更新前よりも高くなります。

ポイント④主契約の基本形を覚えましょう
 「万一」のための主契約は、「定期保険」「養老保険」「終身保険」の3種類が基本です。

 定期保険は一定期間の保障を重視した保険で、一般的に貯蓄性はありません。養老保険は死亡保険金か満期保険金、終身保険は死亡保険を必ず受け取れるため、一定の貯蓄性もあります。

 そのため、同じ性別・年齢、同じ保険金額・保険料払込期間で比べると、一般的に「定期保険<終身保険<養老保険」の順に保険料は高くなります。

岡山県生命保険協会
岡山市北区駅前町1-9-15明治安田生命岡山ビル6F

本誌:2012年2.27号 21ページ

PAGETOP