WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルタツモ

新中期経営計画策定 3年後年商120億円目指す

 タツモ㈱は、今後3カ年の「グループ中期経営計画(TAZMO Vision2014)」を策定した。計画では最終年の2014年度に年間売上高120億円以上を目指す。

 歴史的な円高基調や液晶テレビの供給過剰など事業環境が激変したため、新たな3カ年計画を前倒しして策定した。液晶製造装置事業で設備投資が見込みにくい状況となったため、半導体関連機器などでの新製品投入でカバーする。

 14年度の売上高120億円達成時、経常利益率5%以上、配当性向20%以上を数値目標に掲げる。また、3年間の研究開発費に15億円を充てる方針。

本誌:2012年2.27号 13ページ

PAGETOP