WEB VISION OKAYAMA

話題岡山呉服専門店会

きもの文化人に佐々木裕子さん

  • 佐々木裕子さん

 (協)岡山呉服専門店会(安田広明理事長)は、このほど、第19代岡山きもの文化人などを決定した。

 日ごろから着物を着用し、着物への造けいが深い人に贈られる「文化人」(岡山県知事賞)に湯郷温泉「季譜の里」の女将佐々木裕子さん(63)、卓越した知識を持ち、よく研究されている人が対象の「博士」(岡山市長賞)に旅館くらしき女将の中村律子さん(37)、着物の作成に従事し優れた技能を持つ「匠人」(岡山商工会議所会頭賞)に夢二郷土美術館統括マネージャーの小川晶子さん(72)が選ばれた。

 佐々木さんは仕事柄着物を着用しており、着こなしや和服のセンスが観光客からも絶賛されている。中村さんはOLから人事異動で老舗旅館の女将に転身し、着物の知識も豊富。小川さんは着物が大好きで、手作りの和小物類で美術館を大正ロマン風にコーディネートしスタッフが着物姿で入館者を迎えることもある。

 また、「2011ミス・ワールド」世界大会に日本代表として出場する岡山市出身のモデル田中緑さん(22)に、文化人特別賞(岡山県中小企業団体中央会長賞)を贈る。

 きもの文化人は着物文化の発展と啓もうを目的に毎年選定。授賞式は11月13日に後楽園で開かれる「岡山きもの園遊会」で行われる。

本誌:2011年10.31号 11ページ

PAGETOP