WEB VISION OKAYAMA

話題倉敷国際ホテル

50周年に向け本館を改装 ぬくもり感じるエコ施設に

  • 改装後の宴会場イメージ

 ㈱倉敷国際ホテル(倉敷市中央1-1-44、豊島健二社長、資本金4億5000万円)は、2013年12月の開業50周年に向けリニューアル工事を進めている。

 コンセプトは「洗練された『くつろぎとやすらぎ』の空間と快適性の提供」。柱やはりなど木材を生かし、ぬくもりが感じられるデザインに統一。LED照明の導入や、ボイラー燃料を重油から天然ガスに変更するなどエコ施設へ転換する。

 本館客室70室を全面改装し、2室は車いす対応客室に改修。主要2宴会場は照明、カーペット、壁、天井などを変更。廊下、ロビーも改装する。

 営業しながら順次工事を進め、2014年3月末の完成を目指す。総工費は3億円。

PAGETOP