WEB VISION OKAYAMA

話題阪神タイガース

7月1日に倉敷で横浜戦 県内唯一の公式戦

  • 藤川投手

 プロ野球セ・リーグ公式戦「阪神タイガース―横浜ベイスターズ」(阪神タイガース、岡山日日新聞新社主催)が7月1日、倉敷市中庄の倉敷マスカットスタジアムで開催される。

 中盤戦での巻き返しに意気込む阪神、横浜が激突。阪神は、昨季チーム打率2割9分の猛虎打線の立ち直りが急がれる。エースの能見、岩田、榎田らが頑張り、不動の守護神藤川につなぐ勝ちパターンにつなげたい。

 対する横浜も村田、ハーパーらが並ぶ強力打線に新たに中村が加わり、長打攻勢で3年連続最下位からの浮上を期す。

 この試合では「虎の岡山花火ナイター」として、5回裏終了時に花火約900発を打ち上げる予定。また、午後7時半までに入場券を持って来場した全員に「メッセージクッション」をプレゼントする。

 岡山で開催される今季唯一の公式戦で、プレーボールは午後6時(開門午後4時)。チケットはコンビニエンスストアなどで発売中。問い合わせは岡山日日新聞新社(電話086-231-4214)へ。

本誌:2011年6.27号 10ページ

PAGETOP