WEB VISION OKAYAMA

ニューフェイスモリマシナリー㈱社長 森郁夫氏

世界視野に成長分野育成へ 社員一丸オンリー1目指す

 「就任直前の東日本大震災で衝撃を受けた。日本復興に向け何ができるか考えたが、今は本業での貢献に尽きると考えている」―。3月28日付で父徹氏からバトンを受けた。環境変化が激しい中で、世界との競争を勝ち抜く柔軟な対応ができるようにと若い力に託された。「父が築いてきた社員一丸でオンリーワン企業を構築するという理念と風土は継承しつつ、より時代に合った経営を目指す」と決意を見せる。

 世界を視野に「メリハリをつけて成長を図る」方針。4月には早速、業界トップを目指し海外需要おう盛なロール成形機、ATC事業で増員した。また医薬品業界向けの化学装置を、安定分野として注力。新素材として期待される木質系セルロースの微粒子化装置の開発を進めるなど新分野への挑戦も積極化し「付加価値での競争力アップを追求していく」と力を込める。

 海外へ拠点を開設する企業が増える中「視野には入れるが、ものづくりを日本に残したいという思いが強い」と話す。自身を「地道に努力を重ねて結果を出す堅実なタイプ」と分析。正しい物事の見方、考え方など仏教修行の基本を説いた「八正道」がモットーで、独善に陥らず正しい道を歩んでいるかを基準に経営判断したいと話す。

もり・いくお。岡山市出身。中央大学理工学部卒業。㈱日立製作所を経て1996年に入社。取締役化学装置部長など歴任し2010年9月から専務。趣味は寺社巡り。清らかな空気を吸い、リフレッシュすることで「もう1回頑張ろう」と気合が入ると言う。岡山市内の自宅に妻と2男1女の5人暮らし。43歳。

本誌:2011年6.27号 21ページ

PAGETOP