WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルハートスタッフ

発達障害学生の就職準備を支援 人材ノウハウ生かし放課後デイ参入

  • スキルを学ぶ利用者

 岡山県貨物運送グループのハートスタッフ㈱(岡山市北区下石井1-1-3、馬屋原章社長、資本金1000万円)は、進学・就職準備型放課後等デイサービスに参入した。

 総合人材サービスのスキル教育・訓練のノウハウを生かし、急増する発達障害などの中高生の経済的自立を、スキル獲得などの面から支援。人材サービスの顧客企業などから要望の強い人手不足解消、法定雇用率の達成支援につなげたい考え。

 事業名は「CAMPUS」。1号店は、3月1日、岡山市北区北方3-6-20の県道岡山―吉井線沿いに開所した。人間関係づくりの基礎、PCスキルのほか、電話対応、ピッキングなどの職種別実践トレーニングをカリキュラムとして用意。数百社の顧客ネットワークを活用し、職場見学や卒業後の就職あっせんも手掛ける。

 岡山市指定事業所。定員10人。送迎付き。精神保健福祉士などがスタッフとしてフォローする。

 林崎良取締役統括マネージャーは「障害者、企業双方の要請にこたえる成長分野。まずは岡山市内から多店舗展開を目指す」と話している。

 放課後等デイサービスは障害を持つ児童を放課後や休日に預かり生活スキルの習得を支援するものが一般的だったが、近年就職準備型が誕生。岡山県下では今年に入り複数の開業計画が立ち上がっている。

本誌:2021年4月5日号 13ページ

PAGETOP