WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルフジワラテクノアート

開発ビジョン2050のシンボル施設 みらい技術開発センターが完成

  • 開発ビジョン2050の象徴となる「みらい技術開発センター」
  • 竣工式であいさつする藤原恵子社長

 醸造機器の国内トップメーカー㈱フジワラテクノアート(藤原恵子社長、資本金3000万円)が、岡山市北区富吉2827-3の自社敷地内に整備していた「みらい技術開発センター」が竣工し、4月中旬に稼働する。

 醸造技術から派生した粉体殺菌技術の研究、AIやIoTなど最新技術を導入した機器開発、省エネやCO2削減など環境配慮型プラントなどの研究開発を行う、同社が2050年になりたい姿として掲げる「開発ビジョン2050の象徴」(藤原加奈副社長)となる施設。本社建物の正面付近に昨年8月に着工していた。

 「微生物インダストリー共創のアイコン」をコンセプトに、工場と打ち合わせスペースを一体的に整備し、従業員がワクワク感を持って働き、顧客に驚きと共感を与えられる空間を目指したという。顧客が生産したみそ、しょうゆなどを採用し仕事の成果を実感できる場として整備した社員食堂と同じ㈱イールドインテリアプロダクツ(岡山市)がデザインを手掛け、イメージに一体感を持たせた。

 施設規模は鉄骨一部2階建て(延べ632㎡)。施工は蜂谷工業㈱(岡山市)、設計は㈱丸川建築設計事務所(同)。

 竣工式で藤原社長は「みらい技術開発センターを拠点に、世界へ発信するための技術開発を推進する」と意気込みを語った。

PAGETOP