WEB VISION OKAYAMA

連載記事杉山慎策の経営学考察

島津斉彬5

 斉彬は幕府の大型船の製造禁止策に対し、黒船来航への国防の一環として軍艦の建造を具申した。幕府もようやく黒船来航などの状況を鑑み建造を解禁した。斉彬は最初の西洋型軍艦として昇平丸を建造した。前回述べた「日の丸」を掲げた昇平丸は安政2年(1855年)2月に鹿児島湾で進水し、その後江戸に回航された。江戸では老中の阿部伊勢守や水戸の徳川斉昭なども見学乗船した。加えて、昇平丸はこの年8月に幕府に献上されることとなった。斉彬は国防のために大船十二隻を建造の予定であったが、在世中は昇平丸を含めて5隻の大型船を完成させるにとどまった。

 斉彬にとって蒸気船の建造は長年の夢であった。しかし、徳川幕府の意向により、200年以上大型船の建造は長く禁止されていた。従って、建造のノウハウは失われていた。斉彬は大型船の建造のために当時の著名な蘭学者である箕作阮甫等に依頼して船舶機関の書籍を翻訳させた。また、土佐の漁師であった中浜万次郎が丁度アメリカから琉球に送還され、彼から大型船舶についての情報を入手した。

 嘉永4年(1851年)には江戸田町藩邸において蒸気機関の雛形を作らせている。苦心の末に斉彬は安政元年(1854年)に蒸気船雲行丸を完成させた。雲行丸は隅田川を上り永代橋付近で多くの江戸市民にお目見えし、「薩摩公の蒸気船」として噂が広まることとなった。日本で最初の国産蒸気船である。

 斉彬は最終的に完成までには至らなかったが、蒸気機関を活用して汽車の製造も手がけていた。「海陸の差別あるのみで蒸気機関の活動に於いてはその理は同じ」と喝破していた。

 大型蒸気船は各国でも建造が進み、大型化や装備の強化などが行われていた。最終的に斉彬は側近の市来四郎を琉球に派遣し、洋式軍艦をフランスから購入しようとしたが、斉彬の突然の死去で頓挫することとなる。

 硝子製造は薬学館で斉興の時代弘化3年(1846年)に江戸から職人を呼び寄せて取り掛かっていた。嘉永4年(1851年)には斉彬は紅色硝子製造を研究し完成させた。「薩摩瑠璃」の完成である。水晶硝子の加工も加えて今日の「薩摩切子」の基礎を築くこととなった。

 斉彬は安政4年(1857年)に集成館内に瓦斯灯の設置を命じた。館内の石灯籠は瓦斯灯に変更された。また、緒方洪庵などに翻訳をさせ、電信技術についての実験をした。実際に300間程度の短い距離であったが一応の技術の完成を得た。地雷や水雷にも取り組み、鹿児島湾内で実験し大音響を轟かせたりもした。

 斉彬は写真が好きであったようである。安政4年(1857年)オランダに撮影機器一式を注文し、集成館で写真撮影に取り組んだ。写真については「魂をとられる」などの迷信を一笑に付し、「外国人の文明の妙」であるとし「父母の姿をも百年の後に残す貴重の術」として、研究し完成させた。写真技術については佐久間象山が有名であるが、安政4年(1857年)には自身の写真を撮影し34回目にしてやっと成功した。この斉彬の銀板写真は、日本人が撮影した現存する最古の銀板写真として国の重要文化財に指定されている。

 これらの発明以外に、「紡績」「洋式製塩」「陶磁器」「綿火薬」「硝酸」「硝石」「アルコール」「印刷技術」など新しい技術の導入と実装に尽力した。恐ろしい程の新知識吸収力と実践力である。と同時に、薩摩藩だけでよくもこれだけの改革に取り組んだと感嘆せざるをえない。恐らく経済的負荷は想像を超えるものであったであろう。

 斉彬は安政5年(1858年)7月調連場で城下の諸隊の訓練をしていた。陽射しの厳しいなか馬上でこの訓練を指導していた。操練が終了後、気分が勝れないとの理由で館に戻り、休んだが、翌日から発熱した。医師の坪井芳洲はコレラと診断したが、後に高木兼寛は残された資料をみて赤痢と診断している。斉彬は魚を釣り、それを刺身にして食べることが好きだったようであり、恐らくは真夏の刺身が原因だったと推定されている。

 斉彬の容態は日ごとに悪化した。斉彬は弟の久光を枕元に呼び、「久光の嫡子又次郎を継嗣とし、娘てる姫と結婚させ、薩摩藩を継がせること」また「世子の哲丸を順養子とすること」を遺言し、7月16日逝去した。享年50歳であった。

 もっと早く藩主になり薩摩藩を改革し、同時に、後15年くらい長生きしていたら恐らく私たちは全く違った明治維新を見たかもしれない。

本誌:2021年4月5日号 21ページ

PAGETOP