WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルシーアール物流

マルナカ内に保育園開設 人材確保と地域貢献へ

  • 笑顔で握手する左から辻社長、大久保社長、鈴村社長

 シーアール物流㈱(岡山市北区大内田820-7、大久保泰造社長、資本金5000万円)は、9月1日、イオングループの㈱山陽マルナカ(同市、辻雅信社長)と提携し、岡山市南区築港元町14-1のマルナカ築港店2階に、企業主導型保育事業の助成制度を活用した「ちるりら保育園」をオープンした。

 シーアール物流が請け負う物流センターが同築港店近くにあることから、従業員に働きやすい環境を提供しようと、働き方改革の一環で山陽マルナカに企画を持ち掛けた。

 園内は290.23㎡で、保育室や乳児室、調理室などを設置。イオンモール岡山などで保育園を展開する㈱マイスタイル(同市、鈴村忠則社長)が運営する。定員60人。シーアール物流とイオングループ従業員の子どもを31人、地域住民の子どもを29人受け入れる。保育時間は午前7時~午後6時(延長保育は午後10時まで)。月決め保育3万円~、一時預かり30分300円~。

 8月24日に、オープニングセレモニーを開催。大久保社長は「今後も従業員満足度向上と地域貢献のため、岡山市内中心部と東地区に開設を検討したい」と話している。

本誌:2017年9.4号 12ページ

PAGETOP