WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル日本茶セレクトショップ彩葉

有名緑茶9種飲み比べ 手軽なティーバッグで

  • ドリップ式ティーバッグで手軽に飲み比べ

 日本茶セレクトショップ彩葉(倉敷市阿知1-7-2西ビル8階、筒井美穂代表)は9月13日、有名産地の緑茶を飲み比べできる「iro-drip緑茶」を発売する。

 夫が日本茶インストラクターを取得するほどの愛好家でありながら緑茶に興味がなかったという筒井代表だが、昨年入院生活を経験し、日ごろ飲んでいた緑茶のおいしさを痛感。「産地や製茶技術で味わいの異なる緑茶のことを多くの人に知ってほしい」と全国の産地をめぐり直接取引を依頼したところ、先々で生産者の手厚いもてなしを受け、「趣味の延長」だった気持ちが固まり1月1日付で起業した。

 甘み・バランス・さっぱりの3タイプの9種類をセレクト。手軽に楽しみやすいようドリップ式のティーバッグを採用し、それぞれの味わいの特徴を動物にたとえたパッケージデザインで、インテリアとして飾りたくなるレコードジャケットサイズの箱に収めた。内容量36g(1袋4g×9種)で価格は3240円。

 本格的な販売開始に先立ち(公財)世界緑茶協会(静岡市)主催の「世界緑茶コンテスト2017」で金賞を受賞。うま味が最も多い一番茶のみを使った品質やコンセプトに対する専門家からの評価に手ごたえを深めており、おいしい緑茶を味わってもらう機会づくりのため「緑茶カフェ」を開く構想もあるそうだ。

 購入は日本茶セレクトショップ彩葉のホームページへ。

 iro-drip緑茶のラインアップは次の通り。

 甘みタイプ=八女茶(福岡県)、そのぎ茶(長崎県)、かごしま茶(鹿児島県)▽バランスタイプ=天竜茶(静岡県)、遠州森の茶(静岡県)、宇治茶(京都府)▽さっぱりタイプ=うれしの茶(佐賀県)、狭山茶(埼玉県)、五ヶ瀬茶(宮崎県)

PAGETOP