WEB VISION OKAYAMA

連載記事杉山慎策の経営学考察

鍋島閑叟3

 前回述べたように久米邦武の名著の『鍋島直正公傳』第二巻には二の丸が焼失した時に盛姫が周旋し、幕府から2万両の大金を貸し付けられたことが述べられている。2万両は120億円に相当する金額となる。大藩としての体面もあったが、参勤交代のための行列道具の焼失もあり、参勤交代の猶予も願い出て許されている。倹約令やリストラにより資金を捻出するとともに幕府からの借り入れや参勤交代の中止による資金を充当することで改革に取り組むこととなった。

 確かに幕府から莫大な資金が提供されたとは言え、潤沢に資金があった訳ではないことは想像に難くない。しかし、閑叟はこの二の丸の焼失から堰を切ったかのように産業の近代化に着手する。閑叟の実現しようとした近代化政策は恐ろしく費用のかかるものであった。果たして倹約令などの政策で賄えたのかどうかについて疑問は残るが、閑叟は産業の近代化と教育に多額の資金を投入する。天保11年(1840年)から始まった阿片戦争で清が大敗したことを閑叟は知っていた。香港の割譲はこの戦争を終結させる天保13年(1842年)の南京条約締結により決まった。以降1997年まで香港は英国の植民地であった。閑叟は日本国内が分裂し内紛状態にならないようにする為には西洋砲術の研究と大砲鋳造の技術力が不可欠であると判断していた。

 福岡藩と佐賀藩は長崎の警護の役割を交代で与えられていた。このことにより世界情勢が一早く閑叟の下に届けられていた。佐賀藩は天保13年(1842年)に蘭伝石火矢製造所を設け、銃の製造に取り組んだ。天保14年(1843年)に青銅製のモルチール砲14門を完成させていた。しかし、もっと威力の大きい鉄製大砲の製造のためには反射炉が必要であった。

 閑叟は清の情勢や世界情勢を老中阿部正弘に説明し、産業の近代化のための資金援助を依頼した。幕府は一外様大名である鍋島藩が取り組む日本初の反射炉建設プロジェクトへの資金提供には躊躇していたが、最終的に大砲52門を発注することなどで5万両(300億円)の大金を注ぎ込むことになった。鋳砲技術は、薩摩、水戸、南部、鳥取、岡山などが取り組んでいたが、佐賀藩が一歩先んじていた。佐賀藩は悪戦苦闘の末に、築地に嘉永3年(1850年)反射炉を完成させていた。閑叟は幕府が取り組んでいた伊豆韮山の江川塾に対して技術支援をし、反射炉の築造を嘉永6年(1853年)に開始し安政4年(1857年)に完成させた。

 閑叟は嘉永5年(1852年)には苦労の末に鉄製大砲の鋳造に成功した。佐賀藩は271門を製造し、そのうち52門が幕府に渡され、品川の警護に活用された。閑叟は鉄製大砲を長崎警護の為安政元年(1854年)に伊王島や神ノ島の台場に設置する。

 幕末の太平の世を揺るがすことになる事件が起きた。嘉永6年(1853年)にペリー提督率いるアメリカ使節団が浦賀に来たのである。ペリー来航からほどなくロシアのプチャーチン率いるロシア使節が長崎に押しかけた。長崎に来たプチャーチンに対する幕府の応接の一員には津山藩の洋学者である箕作阮甫もいた。高名な蘭学者である箕作阮甫は招かれて密かに閑叟とも面談をし、世界情勢についての意見交換をしたようである。杉谷昭著『鍋島閑叟』で、ロシアのプチャーチンの秘書官であったゴンチャロフの『日本渡航記』に触れている。ゴンチャロフはプチャーチンが神ノ島の砲台の大きさに驚き、威圧的態度を改め平和的に江戸幕府との交渉をしたことを述べている。

 佐賀藩が官軍に提供した2門のアームストロング砲については、佐賀藩が製造したものではなく、恐らく長崎のグラバー商会から購入したものだったようである。大村益次郎率いる官軍が加賀藩邸(現在の東京大学)に設置したアームストロング砲で上野に籠った彰義隊を圧倒した。

 また、佐賀藩が生んだ天才であった佐野栄寿(常民)は京都から4名の蘭学者や細工師を呼び寄せ、佐賀に当時としては最先端の理化学研究所である「精煉方」を設立した。彼らは後に蒸気機関車などを作り上げることに成功する。

 幕府は海外からの黒船来航に対応するために安政2年(1855年)海軍を作ることを決めた。責任者は勝海舟である。この長崎海軍伝習所には幕臣と同数の48名の佐賀藩士が送り込まれていた。勝だけでなく指導に当たったオランダの教師団長のカッテンディケも佐賀藩士の優秀さに目を見張ったといわれる。

本誌:2020年10月5日号 19ページ

PAGETOP