WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル倉敷紡績

中間決算は3期ぶり減収

 倉敷紡績㈱(大阪市)は11月8日、3期ぶり減収となった2017年3月期連結中間決算をまとめた。

 主力の繊維はカジュアル分野の輸出が苦戦した。環境メカトロニクス事業の工作機械分野も取引先の設備投資が振るわなかった。利益面では、中国の子会社低迷と住宅着工戸数の落ち込みなどで前年同期に営業損失を計上した化成品事業が住宅市場の回復で黒字転換。全体でも3期連続の増益となった。

 次期の業績予想は売上高1650億円、経常利益48億円、当期利益30億円。

売上高 782億7700万円(前期比8.7%減)
経常利益 23億6400万円(同46.8%増)
当期利益 13億3500万円(同35.0%増)

本誌:2016年12.5号 16ページ

PAGETOP