WEB VISION OKAYAMA

企業・事業紹介シティライトプレミアム

車へのあこがれ再び 高級車専門中古車店が青江に誕生

  • 高級車を前にモダンクラシックな店内で車談議に花を咲かすことができる
  • 目玉はロールスロイスのコンバーチブル車「ドーン」

 中古車買取販売、オートオークション展開の㈱シティライト(岡山市北区野田3-1-7、丸山明社長、資本金5000万円)は、2月上旬、岡山市北区青江1-21-15に国内外の高級車を取り扱う中古車店「シティライトプレミアム」をオープンする。

 若者を中心に車離れが進み移動手段の一つとしてとらえられるようになって久しい中、車のオーナーになることにあこがれ、胸を躍らせていたかつての感覚を多くの人が持てるようにしたいと、丸山社長がチャレンジする事業。高級スポーツカー・セダン・SUVを取りそろえ、愛好者や車に興味のある人が集うサロンのような店を目指すという。

 国道30号沿いの鉄骨平屋216㎡の店舗跡を改装。黒を基調にれんがと天然木のレッドシダーなどで重厚感を演出したモダンクラシックな店内に4台分のショールームを設け、ロールスロイスのオープンカー「ドーン」やポルシェ911、同カイエンなどを展示。屋外にもレクサス、ベンツ、BMWなど国内外のプレミアムライン10台を展示する。

 店内にはソファーやテーブルを設置し、催事では屋外にオープンカフェも開設。同社が経営する岡山市北区問屋町のカフェ和三盆とコラボし、質にこだわったコーヒーなどを提供する計画だ。

 接客は20年間にわたり高級車を扱ってきたベテランスタッフを中心に、選りすぐりのスタッフで対応。購入車両は展示車以外からもスタッフのアドバイスを受けながらタブレットで選べるようにする。

創業40周年のノウハウ結集

 取り扱うのはプレミアム中古車の一級品ばかり。それを実現しているのは、創業40周年を迎える同社の査定、美装・管理のノウハウと買取、オートオークション、同業者を支援する共有在庫事業のネットワークによる仕入れ力。「ワンオーナーで出所がはっきりしている車両を中心に取り揃えるのはもちろん、美装、メンテナンスにもこだわって、顧客の期待を超えていきたい」と意気込んでいる。

夢を与える店にしたい
シティライト社長 丸山明氏

 目指すのは車に興味のある皆さんに夢を与えることができる店。すぐには購入の予定がなくても気軽に集え、高級感ある非日常の空間の中で楽しく車談議に花を咲かせられる、そんなサロンのような場所にしたい。

 実は、長年温めていた構想だが、新型コロナウイルス感染拡大で社会が疲弊している今こそ、夢を与えられる店づくりが必要と気持ちを新たに挑戦した。

 オープンはあくまでスタート。まだまだアイデアは尽きず、皆さんと一緒にオンリーワンの店にしていきたい。

本誌:2021年1月18日号 3ページ

PAGETOP