WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルSWITCH WORKS

地域課題でリーダー研修 久米南の人口定着案発表

  • 町長らに課題解決案を発表

 企業研修、人材育成の㈱SWITCH WORKS(岡山市北区本町6-30、竹本幸史社長、資本金100万円)は、昨年12月15日、久米南町と連携したリーダー研修プログラムを終え、地域課題解決の発表会を行った。

 同研修は、県内中小企業からリーダー候補を募り、実際の地域課題をテーマにチームに分かれて現場の声を聞き、調査、分析することで課題解決策の導き方やプレゼン方法などを学ぶもの。今回は、「久米南町の人口の定着・還流をどう実現するか?」をテーマに町職員もチームに加わり半年間かけて改善策をまとめた。

 5チームが発表し、最優秀SDGs賞には、町内にブドウ農園を作り、副業として携わりたい人を広く募って生産するとともに、収穫体験などで地域の活性化を図る「ぶどうの町」プランが選ばれた。

 同研修プログラムは、2018年からスタートし、県内のNPO法人が抱える課題をテーマに6回開催しており自治体との連携は初。次世代リーダーが実践的に育成でき、NPO法人からも第三者視点からの提案が参考になると支持を集めている。来年度も実施する方針。

本誌:2021年1月18日号 12ページ
関連リンク:SWITCH WORKS

PAGETOP