WEB VISION OKAYAMA

話題Go To イート

待望の岡山県版スタート 販売所には長蛇の列

  • プレミアム商品券を受け取る消費者

 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた飲食店を支援するGo To イートキャンペーンのプレミアム付食事券の販売が、10月21日スタート。全80万冊のうち20万冊を各販売所に用意していたが、初日でほぼ売り切る盛況ぶりとなった。事務局では順次補充しており、消費者は入荷情報を気にする日が続きそうだ。

 2500円を上乗せした1冊1万円(500円券25枚つづり)の商品券を80万枚販売するもの。スタート時点で販売所は百貨店、主要スーパー、農業協同組合、一部商工会議所など284カ所に上り、岡山髙島屋では開店前から販売開始を待つ20人ほどの列ができていた。

 参加店は20日時点で約2600店。スタート時の目標1500店を大幅に超え全体目標の3000店に迫る勢いで、期待の大きさを示した。岡山市を中心に居酒屋10店を経営し、回復基調にあるもののまだまだ厳しいという㈱ジョイワン(岡山市)の畑中泰社長は「10月1日からのGo To イートのポイント還元キャンペーンでネット予約が目に見えて増えた。プレミアム食事券への期待も大きい」と話している。

 参加店は目標店舖数を越えても登録を受け付けていく考え。商品券は1度に2冊まで購入できる。

本誌:2020年11月2日号 8ページ

PAGETOP