WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルミューサ

美観地区にフォトスタジオ “フォト婚”需要獲得図る

  • 美観地区でウェディング撮影

 フォトスタジオ「スタジオビュー」を展開するミューサ㈱(岡山市北区西古松228-109、山部芳美社長、資本金500万円)は、10月17日、倉敷市船倉町1253-1に「倉敷美観地区店」をオープンした。

 美観地区で撮影する業者が少なく、コロナ禍で海外挙式をあきらめて写真撮影のみを行う“フォト婚”需要が高まっていることが出店のきっかけ。白壁通り沿いのテナントビル3階に入居。店舗内のスタジオと美観地区での撮影をセットで提供し衣装1点の場合、約150枚撮影で8万円~。

 同社は、スタジオと岡山後楽園でのウェディング撮影をメーンに展開しており、新型コロナウイルスの影響で婚礼関連のほか、学校行事の撮影もなくなるなど一時売上高が前年同月比95%減となるなど厳しい状況を味わった。山部琢也専務は「厳しい中でも人件費は変わらず、エリアを広げ需要を開拓したい。攻めの姿勢がブライダル業界を元気付けるきっかけになれば」としている。

本誌:2020年11月2日号 11ページ

PAGETOP