WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル萩原工業

福山通運と災害時協定 緊急物資の輸送で協力

  • 協定書調印式。右が浅野和志萩原工業社長

 合成樹脂繊維メーカーの萩原工業㈱(倉敷市水島中通1-4、浅野和志社長、資本金17億7800万円)は、10月20日、福山通運㈱(福山市、小丸成洋社長)と災害発生時に緊急物資を円滑に被災地に輸送する相互協力の協定を締結した。

 福山通運の拠点に萩原工業が製造したブルーシート、土のう袋などを保管。災害時に情報共有できるよう連絡体制を整備する。物資の保管場所やストックする量など細部は今後詰めていく。

 災害対策事業では、萩原工業は10月に災害時の避難所で被災者のプライバシーを守るテント型の折り畳み式パーティションを発売、全国の自治体向けに販売している。

PAGETOP