WEB VISION OKAYAMA

話題トマト6時間マラソン

高木社長吉備津神社走る コロナでリモート参加

  • 吉備津神社回廊を走る髙木社長

 トマト銀行6時間リモートマラソンwith TATTA(テレビせとうち㈱主催)が10月18日に各地で開かれ、髙木晶悟社長ら㈱トマト銀行(岡山市)の役員チームも快走した。

 例年リレーマラソンとしてシティライトスタジアムを会場に実施しているが、今年は新型コロナの影響で見直した。参加者は専用アプリを使い走った距離を自動計測、チーム全員が6時間の間に走った距離の合計を競った。

 走る場所は自由に選定でき、同チーム(10人)は高木社長が日頃よく散策する吉備津神社と周辺のコースを選んだ。午前10時に同神社を出発し、古代吉備の中心で「聖なる山」として知られる吉備の中山をトレイルラン。途中休憩をはさみながら茶臼山古墳、備中と備前を分ける国境石などをほかの役員、行員らに紹介した。髙木社長は「景色を楽しみながら、自分たちのペースで無理をせずに走ることができてよかった」と話している。

 当日は約660人が参加、県外からの参加も1~2割程度いたという。


PAGETOP