WEB VISION OKAYAMA

連載記事山田響子の魅力を引き出すコミュニケーション術

「全体」ではなく「部分」で考える

 全体ではなく部分で考えると言うことを私はお勧めしています。つい、ネガティブに受け止めてしまったり、自分を責めてしまうと言うことがあるかもしれません。誰かがあなたに罪悪感を与える、ということもあれば、つい自分で自分を責めてしまうということもあるかもしれません。周囲の人から、「そんなに自分を責めなくても」とアドバイスを受けたり、自分でも「どうしてこんなふうに考えてしまうんだろう」と思っても、つい自分を責めてしまう癖を手放すことはできません。

 そんなとき、まずは「こんなふうにネガティブに考えてしまう自分が嫌だ」と、自分を嫌わないでほしいのです。どんなあなたも愛すべきあなた。つい、ネガティブに受け止めてしまう、私は駄目だ、と全体として捉えるのではなく。私には、ついネガティブに受け止めてしまうという、心の癖があるな、と部分として捉えてほしいのです。「私は駄目だ」から「私にはちょっと厄介な心の癖がある」と捉え直すのです。誰にでも一つや二つの癖はあります。癖が治るのは「気づく」ところから。「あ、またやってるな」と気づくから無意識だったものが意識できるようになり、そのうち厄介な心の癖を少しずつ手放せるようになってくるのです。

 苦手な人や嫌いな人がいる、と言う方もいらっしゃるでしょう。そんな時もぜひ部分として捉えてみてください。「あの人が」嫌いだ、苦手だ、ではなく、あの人の「こういうところが」嫌いだ、苦手だと考えてみるのです。そうすると、自分が一体何に価値観をおいているのかが見えてきたりします。自分の中のパターンが見えてきたりするのです。パターンが見つかるということは、ある程度、またこのパターンで来るなと予測できたり、こんな時はこうすればいいんだという対処法が、見つかることでもあります。

 ここで心理学者のアルバート・エリスが提唱した「ABC理論」についてご紹介します。目の前で何が出来事が起こった時、傷つく人もいれば、気にならない人もいます。同じことを言われても腹が立つ人もいれば、何も感じない人もいます。事実は同じでも人によって反応が異なるということです。事実に反応して感情が自動的に生まれるのではなく、そこには自分なりの意味づけや解釈があるのです。さまざまな出来事A(Activating event)に意味づけや解釈B(Belief)を通して、結果C(Consequence)が生まれるとし、その頭文字をとってアルバート・エリスは「ABC理論」と名付けました。

 このことを分かりやすくイメージすると、出来事を受け止める窓口担当の私が内側の私に語りかけている、としていただくといいかもしれません。起こった出来事を受け止めた窓口担当の私が内側の私に語りかけます。「また失敗した」「本当にドジなんだから」「こんなことではみんなに迷惑をかけてしまう」「みんなも私の存在を迷惑だと思っているに違いない」と内側の自分と対話して、その言葉はいつの間にかあたかも事実であるかのように、自分の内側に深く焼き付けられていきます。そしてまた似たようなことが起こった時、「ほらまた」とより強く上書きするように焼き付けられます。自分を責めてしまう癖を減らして、自分に優しくすることは、この窓口担当の私を育てていくと言ってもいいでしょう。

 自分に優しくすることと自分を甘やかすということは全く違いますから安心してください。自分を責めることで、エネルギーが湧いてきて前進することができているのであれば、その語りかけはあなたにとって必要なものかもしれません。でもその語りかけで、自分を信頼する気持ち、自分を好きでいる気持ちを失わせているのであれば、自己勇気くじきになってしまっています。勇気とは心のガソリンです。自分に優しくあるということは、自分で自分の心のガソリンを満たすこと。欠点も短所もある自分を、それでもなかなか頑張っているよ、いいところもあるよねとセルフサービスで満たしていくのです。

本誌:2021年2月8日号 19ページ

PAGETOP