WEB VISION OKAYAMA

人・往来ニッカリ社長 杉本宏氏

無駄を徹底排除し働き方改革 健康経営優良企業にも認定

 「社員満足度が高くなければ、顧客に本当の満足は提供できない。引き続き全社員が仕事もプライベートも充実して働ける企業を追求したい」と話すのは㈱ニッカリ(岡山市)の杉本宏社長。岡山労働局などが選定する「岡山働き方改革パイオニア企業」と、経済産業省の「健康経営優良企業」にダブルで認定された。

 およそ5年前に「無駄な業務を徹底的に排除する」という方針を打ち出し、社員一人ひとりの業務内容をチェックし、不必要なものをやめるよう推進。業務量を減らしたことで、残業時間の大幅削減と有給取得率の向上につながり、利益率も上がり待遇面にも反映できた。「社内の親睦行事に力を入れるのではなく自由な時間と収入を増やし、休日の過ごし方が選択できるようになることがワークライフバランスにつながる」と力を込める。

 併せて、基幹システム更新やグループウェアの導入での効率化も進め、2019年12月にはテレワーク体制も整備し柔軟な働き方にも対応。3月稼働のモノレール生産棟でも、冷暖房を完備するなど働きやすい環境を目指した。「目標は、欧米のように作業服ではなくポロシャツ、ジーパンで働けるほどクリーンな製造業」と話し、さらなる職場改革に意欲を燃やす。

本誌:2021年春季特別号 12ページ
関連リンク:ニッカリ

PAGETOP