WEB VISION OKAYAMA

企業・事業紹介フェムトディプロイメンツ

「製造」「活用」の“解”導き量産開始 液体情報を瞬時に数値化するテラヘルツ分光分析装置

  • 役割の明確化で「世界初」の分析装置の量産化を実現した渡部社長とMiMoi
  • MiMoi

 フェムトディプロイメンツ㈱(岡山市北区津島中1-1-1岡山大インキュベータ213号、渡部明社長、資本金1億3323万円)は、このほど、テラヘルツ波を使い、世界で初めて液体の分子結合状態の数値化を可能にした分析装置「MiMoi(ミモイ)」の量産化に着手した。技術にこだわるあまり、多くのスタートアップ企業がおろそかにしてしまいがちな、「だれが製造するのか」「だれがどう使うのか」という問題に同時並行で向き合い、すべての要素が整うターニングポイントを迎えた。

 同社は、さまざまな液体の品質管理が職人の勘頼みになっていることに疑問を持ち、2015年に起業したハイテクベンチャー。基盤技術にフェムト秒(千兆分の1秒)パルス光源を使ったテラヘルツ電磁波計測技術を採用し、種々の分子を含む液体を混合状態のまま計測できる「渡部メソッド」を確立。翌16年には分光装置のコンセプトモデルを発表し、飲料・化粧品・医薬品などの業界を代表する企業と研究を進めてきた。

 元インテル社長で現在はベンチャー育成・投資活動を行う傳田信行会長(傳田アソシエイツ㈱社長)の投資により創業。当初から渡部社長が開発、傳田会長が資金調達とマーケティングを担当し、「映画のプロデューサーとディレクターのような関係」(渡部社長)と役割を明確化することで事業化をスタート。そしてこの2年余りで向き合った課題が「だれが製造するのか」と「だれがどう使うのか」ということだった。

 渡部社長によると、ベンチャー企業にとって「顧客に安心感を与える」ため、製造態勢は事業の成否を決める上で重要なポイント。自社で相手を安心させるだけの設備を持つのは難しく、同社の場合は半導体試験装置で世界トップシェアを誇る㈱アドバンテスト(東京都)と交渉を重ね、MiMoiのOEM生産の委託が決まった。

 また、もう1つの課題については、渡部社長の頭にあったキーワードはAI(特許技術「AIを用いた液体情報の特徴抽出」で液体の分子間状態のデジタル化に成功)だったそうだが、ここへきてDX(デジタルトランスフォーメーション)が急浮上。「マーケティング戦略を考える上でタイミングが重要。DXが注目されることで、さまざまな課題解決をパラレルで進めていたが、すべてのピントがピタリ合った」と言う。

 19年12月に東京ビッグサイトで開催された半導体製造装置の国際展示会「セミコンジャパン」では、3日間で800枚の名刺を交換。世界的な品薄状態が続く半導体業界の声を直接聞くことは、まさに「だれが何のために使うのか」という問い掛けに対する解を渡部社長自身に知らしめる「大きなターニングポイントになった」と言う。

 MiMoiの価格は国内企業向け最上位モデルで約7000万円。2024年に年間100台の販売を目指す。量産化を受け同社では、液体DXにより真の液体トレーサビリティが実現することで、サプライチェーンにおける液体製品の品質向上、製造工程での品質管理の簡素化によるコスト削減、2次製品の大幅な歩留まりアップなど、液体解析の新たなステージを目指す方針。

 MiMoiを「だれがどう使うのか」イメージ

 ■研究開発→新溶液のAI設計支援、新溶液の合成

 ■製造→各工程における検査項目のAIによる簡素化・瞬時化

 ■品質管理→サプライチェーンにおけるトレーサビリティ

 ■熟練工の「感性」のデジタル化

PAGETOP