WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山商工会連合会

6次産業化交流会を開催 販路開拓へ各社アピール

  • 生産者が商品をPR

 岡山県商工会連合会は、3月11日、岡山プラザホテルで「おいしい出会い岡山。6次産業化交流会Vol.9」を開いた。

 生産から加工、販売までを一手に担う6次産業化事業者らの新商品の披露の場として毎年開催しているもの。

 今年は3密を防ぐため事業者数を半数程度の25事業者が出展。美作百姓もんブランドで低農薬もち麦の甘酒を生産する磯山企画(美作市)、有機栽培のしょうがシロップを開発した㈱瀬戸内ファーム(岡山市)などがこだわりなどをアピールしていた。

 都市部の百貨店バイヤーとオンラインで結んでの個別商談会も実施。セミナーでは地域産業支援事業を展開する㈱暮人(大阪府)の杉本淳社長が「小さな生業からの豊かな暮らし方の創造を」をテーマにオンラインで講演した。

 岡山県下の6次産業総合事業化計画認定数は2月末時点で89件。中四国管内では最多。

本誌:2021年春季特別号 17ページ

PAGETOP