WEB VISION OKAYAMA

話題天満屋岡山本店

JAと連携し「地消地産の店」 地域循環の新たな拠点に

  • 「おかやま地消地産の店」のロゴ

 ㈱天満屋は、岡山本店(岡山市北区表町2-1-1)地階のてんちかFOOD GARDEN(旧おかやま産直市場)に、3月19日、県産青果物や加工品を扱う「おかやま地消地産の店」をオープンする。

 コロナ禍で苦戦する生産者らを支援しようと、JAグループ(JA岡山、JA晴れの国岡山、JA全農おかやま)との連携による店舗を企画した。72㎡の売り場で県産食材のみ扱い、JAは地域のニーズをつかむためのアンテナショップとして位置づけ、消費者からの要望を生産者にフィードバックし、地域循環の促進を目指す。

 店舗名は「地産地消」から視点を変え、「地域で求められる農産物を地域で生産する」ことを目標に命名したという。営業時間は午前10時~午後6時半。オープニング特典として、3月24日から買い物をした先着500人に、県産きぬむすめ(2合入り)をプレゼントする。

PAGETOP