WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルANAクラウンプラザホテル岡山

総支配人がカクテル給仕 従業員への感謝週間で

  • ねぎらいの言葉を掛けながらカクテルを提供する柴田総支配人

 ANAクラウンプラザホテル岡山(柴田公房総支配人)は、このほど、管理職が従業員に対し感謝しもてなす「セレブレートサービスウイーク」を実施した。

 コミュニケーションを深めチームの結束を図るため、世界に展開するIHGグループの全ホテルで毎年一斉に行われているユニークな取り組み。6月27日には、テラスガーデンでパーティーを開き、バーテンダーに扮した柴田総支配人が、鮮やかな手並みで作ったカクテルでもてなしたほか、田中智総料理長が自ら料理を取り分け提供するなど、部署を超えて管理職が従業員をねぎらった。

 そのほかシフトごとに交代で1週間にわたる部署混成のボーリング大会を開催。上司部下の枠を超え交流を深めた。
シティーホテルは、宿泊、婚礼、宴会、料理などさまざまな部署で成り立ち、シフト制のためホテル全体でコミュニケーションを図る機会が少ないという。柴田総支配人は「管理職、従業員が互いに日ごろ見られない一面を目にし、声を掛け合う貴重な機会。そういったことが部署間の連携をスムーズにし、サービスの向上につながる」と話していた。

本誌:2018年7月9日号 15ページ

PAGETOP