WEB VISION OKAYAMA

新商品岡山トヨタ自動車

3代目センチュリー 匠の技と最新技術搭載

 岡山トヨタ自動車㈱(岡山市)は、6月22日、最高級セダン「センチュリー」をフルモデルチェンジしハイブリッド車として発売した。

 3代目でフルモデルチェンジは21年ぶり。開発テーマは「継承と進化」。塗装の仕上げに漆塗りの「研ぎ」の技術を応用し、内装に伝統工芸のデザインをあしらうなど、匠の技で高級感をより高め、エンジン音を逆位相の音で相殺し静粛性を高めるなど、最新技術で乗り心地などを向上させた。

 安全面では予防安全パッケージのToyota Safety Senseに加え、隣の車線の死角を走る車を検知するシステムなど最新技術を搭載。VIPを徹底して守ることにこだわった。

 V型8気筒5.0ℓエンジンを備えたHVシステムで燃費性能は13.6㎞/ℓ。価格は1960万円。

本誌:2018年7月9日号 21ページ

PAGETOP