WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルさくら祭典

20周年機に「上道」本館リニューアル

  • 生まれ変わった創業ホール

 ㈱さくら祭典(岡山市北区駅元町5-1、浅原晶子社長、資本金4900万円)は、11月17日、岡山市東区中尾380の「さくら祭典上道」本館をリニューアルオープンした。

 2000年1月に1号店としてオープンしたホール。取得した既存の建物をホールに改装した施設で老朽化しており、20周年を機に建て替えた。高齢者でも利用しやすく、3階建てから鉄骨平屋(734㎡)に変更。約100人収容の大ホールと約30人収容の小ホールを備え、併設の和風ホール「さくら亭」と合わせ、近年需要が高まっている家族葬で和洋を選べるようにした。

 会食用の部屋も和洋2室用意。参列者の視線に入らないよう控室などを配置した。

 浅原社長は「創業の地のリニューアルで気持ちを新たにし、故人と家族の思いを大切に、葬祭ならさくら祭典と言われるよう頑張りたい」と話している。

本誌:2019年11月25日号 12ページ

PAGETOP