WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル中小機構中国本部

松尾正男氏と万殿貴志氏 功労者感謝状と中小企業応援士委嘱 

  • 感謝状を受け取る松尾ダイヤ工業会長(右)
  • 感謝状を受け取る万殿英田エンジニアリング社長(左)

 (独)中小企業基盤整備機構(豊永厚志理事長)はこのほど、ダイヤ工業㈱(岡山市)の松尾正男会長と㈱英田エンジニアリング(美作市)の万殿貴志社長に、功労者感謝状を贈り、「中小企業応援士」に委嘱した。

 設立15周年を機に、中小機構の支援も受けながら地域の発展に顕著な功労のあった経営者らに感謝状を贈るとともに、同機構の支援制度の紹介などを通じ地域の中小企業を支える「応援士」制度を創設したもの。両社とも長年、機構の支援施策を活用し、地域の中核的な中小企業として成長。事業の社会性や地域の雇用創出などの面でも貢献が大きいことから選ばれた。

 村松清孝中国本部長が両社を訪れ、感謝状と委嘱状を手渡し協力要請。「話すことは苦手でも、(中小機構と)やってきたことを伝えることはできる。身近な存在としてできる限り協力したい」(松尾会長)、「中小機構の施策を活用し、地域の中小企業が雇用を生み、利益を上げて税金を納め、地域の活性化に貢献できるようにしたい」(万殿社長)などと述べた。

 功労者感謝状は全国で94人、応援士には80人が委嘱された。

本誌:2019年11月25日号 11ページ

PAGETOP