WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山トヨペット

レクサス跡に「中庄」移転 ラグジュアリー感生かす

  • 地域のシンボル店目指すLx中庄

 岡山トヨペット㈱(岡山市南区古新田1233-2、末長一範社長、資本金2000万円)は、11月9日、「Yacht Land中庄」を倉敷市中庄70-1のレクサス倉敷跡に移転オープンした。拡充のためレクサス倉敷を敷地面積の広い旧「中庄」跡(倉敷市平田687-1)に移転新築。その後旧レクサス倉敷店舗を改装し、高級感を生かした居心地の良さをアピールする店舗とした。店名は「Lx中庄」。

 県道岡山―倉敷線沿い4095.9㎡の敷地に鉄骨平屋(1600.4㎡)の規模。基本的なショールームの構成は生かし、4台収容の展示スペースに商談ブース3室を設置。レクサス時代のラウンジは、ファミリーでくつろげるようエル字型のソファーなどを配置した待合室とキッズスペースとした。キッズスペースの壁にはボルダリングの設備も設置した。

 サービス工場は2ストール増の7ストールに拡充。1ストールはレクサスで取り扱いの無い大型車用とした。

 店名はLoveのLと未知数のXからで「Luxury(ラグジュアリー)」も表現。末長社長は「お客様に愛される地域のシンボル店にしたい」と話した。同社は来年5月のトヨタ全車種併売化を控え、店舗リニューアルに注力している。

本誌:2019年11月25日号 10ページ

PAGETOP