WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルかつら木

パスタ+ケーキの新業態 ディナー需要の獲得狙う

  • パスタ前面に押し出した店舗に

 ジョイワングループの㈲かつら木(岡山市北区青江1-20-7、畑中泰社長、資本金1000万円)は、11月13日、岡山市北区大元上町3-1に「フリュティエパスタ大元店」をオープンした。

 ケーキ、洋菓子のフリュティエにパスタとピザを取り入れた新業態店。メーンの手打ち生パスタは、断面がうどんのように四角くソースがよく絡むもちもちとした食感が特徴。定番品をはじめ、県産鶏を使用した和風パスタなど26種類を提供する。ピザはテイクアウトにも応じる。

 ㈱フリュティエ(瀬戸内市)から大元店の運営を引き継ぎ開業。従来店はランチとカフェでの利用が主だったが、イタリアンメニューやワインを加えたことでディナー需要の取り込みを図る。営業時間は午前11時~午後10時。席数60席、駐車場40台分。

本誌:2019年11月25日号 10ページ

PAGETOP