WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルおかやま経営リスクマネジメントネットワーク

萩原工業会長が講演 「人本主義」の意義伝える

  • 経営について語る萩原邦章氏

 おかやま経営リスクマネジメントネットワーク(小林裕彦代表)は、7月29日、萩原工業㈱(倉敷市)会長の萩原邦章氏を講師に講演会を開いた。

 萩原氏は、「他社にない圧倒的に優位な商品を持つ“中核技術経営”と、世の中が変化する前に恒常的に変革し続ける“非連続経営”を実践してきた。それを支えるのは社員で、経営者がどれだけ社員を知り、コミュニケーションを図り、人間資本主義で取り組めるかが重要」と話した。参加した約100人の経営者らはメモを取りながら聞き入っていた。

 また、同ネットワークメンバーが後継者の悩み解決、相続・事業承継などをテーマに講演した。

 同ネットワークは、士業が連携し、中小企業経営者へのアドバイスによる地域経済の活性化を目的に2018年に発足。年1回のペースで講演会を開いている。加入団体は小林裕彦法律事務所、㈱アルマ経営研究所、税理士法人おかやま創研、司法書士法人永田事務所。

本誌:2019年8月19日号 14ページ

PAGETOP