WEB VISION OKAYAMA

話題うどん県レディース

10月18日から3日間開催 台湾女子プロ30人も出場

  • ゴルフを通じ日台交流

 LPGAステップ・アップ・ツアー特別競技「日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント」(日本女子プロゴルフ協会主催、OHK岡山放送共催)が10月18日から3日間、香川県・満濃ヒルズカントリークラブで開催される。

 台湾女子プロゴルフ協会公認競技となって3年目で、台湾からの30人を含む108人が出場する。賞金総額は2000万円、優勝賞金360万円。優勝者には来年のフジサンケイレディスクラシック、日本人トップには台湾ツアー「日立レディスクラシック」への出場権が与えられる。

 観戦料は前売券2000円(2日間通し券、同伴者1人無料)。問い合わせはOHK岡山放送四国支社(電話087-822-2467)へ。

 うどん県レディースは6回目の開催で、昨年優勝の河本結選手は今年レギュラーツアーで優勝を果たすなど、トッププロへの登竜門となっている。記者発表会で日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は「ギャラリーに見られることで選手の能力も伸びる。唯一の国際大会に期待してほしい」。OHKの中静敬一郎社長は「ゴルフを通じ日台交流を深め、地域の活性化に努めたい」と話した。

本誌:2019年8月19日号 10ページ

PAGETOP