WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル丸田産業

貸会議室「セントラルフォレスト」オープン 駅近接 1時間単位で利用可能

  • 50人収容の会議室
  • 用途に応じてさまざまな部屋を選べる
  • 周りの視線を気にせず使えるリラクゼーションルーム

 天満屋グループの丸田産業㈱(岡山市北区本町6-36、伊原木省五社長、資本金1億円)は、8月1日、岡山市北区本町6-30の第一セントラルビル2号館8階に、森の中にいるような雰囲気の貸会議室「セントラルフォレスト」をオープンした。

 貸会議室は、会議やセミナーはもちろん面談、地方入試など用途が広がり、需要が年々高まっている。第一セントラルビル1号館で同社が運営する貸会議室も引き合いが増えており、使い勝手の良い部屋を中心に機会ロスも生じるようになっており「岡山駅から徒歩3分」の立地を生かし、1フロアを使った貸会議室を開設した。

 差別化を図るため、観葉植物や森林の香り、小川のせせらぎのBGMなど、全体を「森スタイル」のイメージで統一。半日単位が相場のところ、使い勝手を考慮して1時間(税込み3240円~)から利用可能とした。9つの会議室は8~50人に対応し、特にセミナー会場としてニーズが高い20人収容の部屋を3室設けた。子どもの控室にも使える床に座るタイプや、グループワーク向けの部屋もある。

 また、「睡眠負債」の対応として、昼寝もできるリラクゼーションルームを男女各3室(30分500円)設けた。貸会議室では珍しい価格変動制。営業時間は午前7時~午後11時。

 同社では「1時間から利用できるので面接などのニーズを開拓し、半年をめどに稼働率70%を目指す」と話している。詳細はホームページ(https://reserva.be/maruta)へ。

本誌:2019年8月19日号 11ページ
関連リンク:丸田産業

PAGETOP