WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[知的財産]

商標登録出願の速やかな審査

 Q 弊社は、商品「パン」について使用している商標に関し指定商品「菓子,パン」とする商標登録出願をしましたが、現在審査待ちです。審査を早くする方法はありませんか。

 A 商標登録出願の審査着手までの平均的期間は、約10~14カ月(令和元年6月~8月の出願分)と長くなっています。このような通常審査とは別に、早期権利化のニーズに対応すべく、下の図のような早期審査制度が運用されています。出願とは別に早期審査申請を行い、早期審査制度の適用を受けた出願は、早期審査申請から約2かカ月で審査着手され、審査結果の通知を早期に受け取ることができます。早期審査の対象となる商標登録出願は、下の図に記載されている対象1、対象2及び対象3のいずれかに該当するものです。

 ご相談例では、指定商品として「菓子,パン」を指定されているようですので、これのみであれば、類似商品・役務審査基準等(類似商品・役務審査基準、商標法施行規則、商品・サービス国際分類表(ニース分類))に掲載されている商品のみを指定している出願です。そして、貴社(出願人)が出願商標を指定商品「パン」に既に使用していらっしゃいます。このためこの出願は対象3に該当し、早期審査の対象であると考えられます。なお、類似商品・役務審査基準等に掲載されている商品・役務以外のものを指定されている場合は対象外になりますが(それを削除すれば対象になります。)、指定商品「菓子,パン」の全部に使用している必要はなく、一部である「パン」についての使用で足ります。このため本出願に関する早期審査の申請を行うことをお勧めします。

 なお、新しいタイプの商標(動き商標、ホログラム商標、色彩のみからなる商標、音商標及び位置商標)については早期審査の対象外とされています。そして、この早期審査制度以外にも、ファストトラック審査(2018年11.12 No.2034に詳しい)や震災復興支援早期審査も運用されています。

*「商標早期審査・早期審理ガイドライン」(https://www.jpo.go.jp/system/trademark/shinsa/soki/document/index/tt1208-023guide.pdf)より引用。

本誌:2019年8月19日号 22ページ

PAGETOP