WEB VISION OKAYAMA

特集[ウィズコロナのビジョン/テレワーク] ネットリンクス㈱社長 前田洋一氏

本格テレワーク時代が到来 在宅と選べる職場環境が理想

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言以降、多くの企業でテレワークの導入が進みました。今導入しているテレワーク環境は簡易的に自宅でも仕事ができるという企業が中心ですが、アフターコロナ時代では自宅で職場同様に仕事ができる本格的なテレワーク時代となるでしょう。クラウド化により情報共有できることで生産性を高められるほか、在宅勤務で女性活躍も推進しやすくなり労働環境を改善できるためです。

 コロナの影響で、製造業、メーカー、士業、建築など、さまざまな企業からオンライン会議システムやテレワーク導入などについて相談が増えるなど、社会はネットワークへの接続を前提としたものに変わりました。その中で、当社は自社への導入経験を活かして、オンライン会議サービス「Zoom」やファイル共有サービス「BOX」などのさまざまなクラウドツールを活用した環境整備を提案しています。

 テレワークは、Zoomだけでは導入が難しく、BOXやコミュニケーションツールなど、導入企業の環境や業務内容に応じて組み合わせて整備します。どのデータをクラウド上にアップするかの相談も多いですが、どこでも働ける環境を作るにはすべての情報が必要で、社内のパソコンでしか利用できないソフトに関しては遠隔操作ツールを利用します。セキュリティの確保が不可欠で、社員の家庭のネットワークを借りて運営するため、分岐するルーターを置き、ビジネスとプライベートで回線を分けたり、セキュリティソフトの導入基準の策定、パソコンの紛失・盗難時の対応などルール作りが重要となります。

社員を信頼することが重要

 テレワークを導入する上でのポイントは、全員が在宅勤務に向くとは思わないことです。家庭の事情や個人の性格などからできない人は必ずいます。強要することで負担となり精神的に追い込まれることもあり、しっかりと話し合って、個々人に合った働き方を選べるようにするのが理想的です。また、社員がきちんと仕事しているか不安という声もありますが、社員を信用することがもっとも重要で、制約し過ぎてはコストや時間が掛かるばかりで効果的ではありません。Zoomを使った朝礼、終礼の導入や、チーム目標から個人目標に落とし込み、評価基準で成果のウェートを上げるなどの工夫で対処できます。

 ウィズコロナの時代となり、これからは、業種、業態を問わずテレワークの導入がさらに当たり前の世の中になるのは確実です。「動くのが仕事」という固定観念がありましたが、わざわざ行く必要がないのに行っていたと感じます。対面でのコミュニケーションが減ることを不安視する人もいますが、オンラインなら打ち合わせの頻度を増やしやすく、距離感が近く感じることもあります。アフターコロナでも出張を控えるなどの傾向も続くでしょう。

 「わが社はテレワークを導入できない」と諦めている経営者の声も聞きますが、全社的に導入するのではなく、まずはできる部署からやっていくという発想を持つなど、経営者が意識や考え方を変えることが必要です。

メモ
あさひ合同会計グループのITコンサルティング会社社長。経理総務アウトソーシング、クラウド導入支援がメーン。総務省の「テレワーク先駆者百選」に選出

本誌:2021年1月1日号 14ページ

PAGETOP