WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルアリオンシステム

クラウド型電子カルテ販売 中小病院を低価格で攻略

  • 山本篤憲社長

 ㈱アリオンシステム(岡山市北区柳町2-4-23、山本篤憲社長、資本金2000万円)は、医療関連システムの㈱イメージワン(東京都)と業務提携しクラウド型電子カルテシステムの販売を開始した。中四国九州エリアの販売を担う。

 大手に先行してクラウド型システムの展開に乗り出したイメージワンが、自社開発の病院向け検査予約システムで実績のあるアリオンシステムの病院とのネットワークに着目。アリオンシステムも自社システムとの相乗効果が期待できるとして手を組んだ。

 医療機関の7割を占める200床未満の中小規模の病院に特化したサービス。費用と手間のかかる専用サーバーやソフトの導入が不要で、初期導入費用、保守費用ともに既存の非クラウド型システムの半分以下に抑えることができる。4月にはより負担の少ないサブスクリプション(定額課金制)サービスも開始予定。

 また、病院内での部署間の指示や、薬局との連携など既存システムと連携でき、従来の投資を無駄にすることなく活用できる。

 山本社長は、「今後、自社開発も併せて強化し、現状売上高の1割の医療分野を事業の柱に拡充していきたい」と意気込んでいる。

本誌:2021年2月15日号 16ページ

PAGETOP