WEB VISION OKAYAMA

連載記事河村まどか マナー講座

大人の色選び

 下記は、お立場ある貴方様のために作成したお手紙です。大勢の注目を受ける貴方様の、ネクタイやお洋服のお色について以前より気にかかっておりましたので、お伝え致します。貴方様へは、お会いになるお相手の立場や、会場の雰囲気などを考慮しお色を選択して頂きますと、貴方様の印象がより一層品格あるものとなります。逆に気にかけていない貴方様の拝見しておりますと、貴方様の印象を下げてしまっているのではないかと、気にかかっております。

 状況に合っているお色は、お顔に光が射した印象、シワが目立ちにくい等、良い印象を与えることができますが、適していないお色を使用すると、お顔の色が老けて見える、シワが目立つ、印象がどんくさく見えます。貴方様に適したお色の、スーツのお色、ネクタイのお色、ヘアスタイル、ペンやカフスボタン等の小物を選択すべきです。私が貴方様に贈り物をする時には、ペンの細かな縁の色など、小さな色の配置も、貴方様に適したお色の決まり事を用いて選択しております。

 赤はお相手に決断を早めさせるお色ではありますが、理論的に話している内容に関して、お相手が警戒なく納得した気持ちになりやすいお色です。実行力の象徴でもあり、人情的なイメージの表れでもあります。どの色よりも情動に影響を及ぼす色です。人情的な印象を与えたい時に適しています。赤は必ず、ご自身のパーソナルカラーに合った赤色を選びましょう。間違えて使用するとマイナスの要因が目立ち逆効果です(マイナスの要因)。恐怖、抑制の効かない熱情、過度の怒りなどの、感情を刺激すべきでないお相手にお会いになる状況であれば、使用を避けるべきお色です。

 ピンクは母性愛を喚起する色です。女性とのコミュニケーションを円滑に行うことができる色と言われており、女性がご機嫌斜めの時には、淡いピンクのシャツを身に付けたり、綺麗なピンクのネクタイをするのがお奨めです。ピンクは、やんちゃなイメージを与える効果があり、女性問題でイメージダウンをしている時には、「仕方がないので許してあげましょう」との印象を与えやすい特徴があります。しかし、男性との商談には逆効果のお色ですので、女性をメインとした場合に限ります。女性に固くて近寄りづらい上司の印象を与えている人は、ピンクは攻撃的に見えない効果が期待できます。

 オレンジは年下の人々とフレンドリーに接することを希望する時に用いると効果的なお色です。エネルギッシュな活動。創造性や野心を刺激するお色でもありますので、年下の人に新たな取り組みに賛同してもらいたい時に適しています。

 黄色は喜びの色、知恵、知力、最も高度な直観力などを生み出します。淡い黄色は、明るくポジティブなイメージを出せます。甘えて助けてもらいたい時に使用する色です。気分が明るく活動的な印象を与えるので、悲しいお話しの時には、黄色は控えましょう。活動的に利益を求めている誤解を与える恐れがある場合は黄色は避けましょう。コミュニケーション力に自信があるならば、発信力を増し強い説得力のある強さを表すことができます。

 緑は人を説得したり論したい時に用いると効果的です。年上に見せたい場面に適していますが、特に落ち着いたイメージの緑はご長老のイメージを与えますのでお気をつけください。意気込みを沈め冷静をもたらす色ではありますが、心身を衰弱させることもあります(元気をなくす)。良い印象になるように活用すると、地域社会の柱になる印象を与えやすいお色です。

 紺色は平穏、希望、名誉、静寂の色です。コミュニケーションを円滑に行い、真面目な商談をする時などに信頼を得ることができ、勝利を勝ち取る色です。目下の人に柔らかい印象を与え、フレンドリーな関わりを持とうとするときには適さないお色です。堅実な人、頭脳的で知的であり、集団行動が礼儀正しい出来る印象を与えます。また、誠実な印象を与え、まじめに生活を送っている印象も与えます。

 柔らかい青(ベイビーブルー)は、苛立ちを落ちつかせる色と言われています。謝罪やクレームの対応に効果的な色ですが、青味を用い過ぎると意気込みを消沈させます。

 青と緑を同時に用いると、相手の想像力を増進させる効果があります。芸術に関する、最高レベルの才能や創造性を伸ばしている名誉ある印象を与えたい時に適しています。

 藍色は理性と直感を働かせ、鍛練させる効果があります。精神が挫折しつつも懸命な努力により高度な気づきへと飛躍する、難題が脚がかりになって、素晴らしい効果をもたらす象徴とも言われています。青色よりも、一層、組織に属する意思の強い色の表れではありますが、頭脳的な一面を見せたい時には、藍色よりも青色の方が適しています。

 紫は、高尚なる向上心の印象を与えます。高貴な富、より高い気づき、より高い精神力を築く印象を与えたい時に用います。

 白は純粋を象徴する色。完全性を表す色。調和の象徴です。

 黒は威厳を持ち、自分自身の意思を読み取られないように、ガードしたい状況に適しています。

 茶色は控えめで、落ち着きを表すことができます。安定した無駄使いをしないイメージを与えるため、経理的なお話しをする時に役立ちます。謙虚さを表すことができる色ですので、奥手の印象を与えます。貴方様の華やかさを隠したい時に用いたい色です。冒険的な交渉の話しの時には不向きです。

 実際には、貴方様の状況に応じた内容の文章を30ページに記載しております中で、どなた様にも当たり障りのない部分を抜粋致しました。

 ご多忙の貴方様ならば、朝礼でのお言葉時に使用なさるお色、お昼の商談のお相手への配慮のお色、夜間の会食でのお色や、懇親会出席時のお色など、1日に何度かネクタイのお色をお着換えになることもあることでしょう。朝のネクタイの結びのまま日が暮れてご帰宅なさるわけにはいきませんね。大人の嗜みとしてのお色選びをぜひお楽しみください。

本誌:2019年1月1日号 111ページ

PAGETOP