WEB VISION OKAYAMA

巻頭特集

求人難で岡山でも時短、定休日導入 ふた開ければ「客を逃すかも」は取り越し苦労

 求人難が深刻だ。特に深刻なのは小売り、サービス業で、人不足でシフトを組むのがぎりぎりという店舗も多い。これまで営業時間は、客のニーズにこたえようと長くなる一方だったが、新人確保や既存社員の退社を防ぐため、県内でも営業時間の短縮や、定休日を設ける動きが出ている。機会ロスを懸念する声も多い中、これらの取り組みを実現することは可能なのか。各社の動向を追った。

会員申し込みはこちらから

本誌:2018年4月16日号 3ページ

PAGETOP