WEB VISION OKAYAMA

連載記事杉山慎策の経営学考察

島津斉彬1

 徳川幕府末期三百諸侯の中で最も英明であると言われた島津斉彬(以降斉彬と略す)の改革について述べてみたい。斉彬は薩摩藩11代藩主、島津氏28代当主である。文化6年(1809年)江戸の薩摩藩上屋敷で生まれた。父は島津斉興(薩摩藩第10代藩主、島津氏第27代当主)、母は賢夫人と言われた弥姫である。幕末の列侯の中には、越前松平春嶽、肥前鍋島閑叟、土佐山内容堂、宇和島伊達宗城、筑前黒田斉溥、水戸徳川斉明、老中阿部正弘などがいた。斉彬はこれら列侯などと議論をしながら明治維新を実現した。薩摩藩においては長く世子の座に甘んじ、藩主になってから7年程で亡くなってしまった。

 斉彬についても多くの研究書が書かれているが、本論文は主に池田俊彦氏の著書である『島津斉彬公伝』による。1954年に岩崎育英奨学会刊により発刊され、1994年に中公文庫としてまとめられたものである。

 斉彬の母は鳥取の池田藩池田治道の三女弥姫で、後に賢章院夫人と呼ばれた才女であった。残念ながら斉彬16歳の時に早逝した。当時高貴な家柄において子育ては乳母の手にかかるのが普通であったが、弥姫は自ら母乳を与え、おむつの取り換えまで自分で行い斉彬を育てた。 

 鳥取からの嫁入り道具には、四書、史記、漢書などがあり、加えて鎧櫃に具足まで取り揃えてあったといわれている。弥姫は「島津家は武の国であるということから、夫である斉興に何かあった場合には自らが具足をつけて藩を取りまとめる」覚悟であった。斉彬の次に生まれたのは久寧治五郎であり、彼は岡山藩主池田斉政の養子となっている。長女である祝姫は土佐の山内豊熈に嫁ぎ、容堂を養子として迎えた。

 弥姫は中国の古典にも明るく、仏を奉ることに合わせて幼い斉彬に漢書の素読の教育を施した。また、和歌、活花、能、謡曲、書、絵画なども学び、利発な斉彬はこれらのすべてにおいて非凡な才能を見せた。武術についても優れた才能を発揮し、体格も人一倍恵まれていた。修行中に落馬したことがあるが、母の弥姫は、武将は将来戦場で落馬することもあるとして、落馬に懲りずに修行を継続した斉彬を褒めたと伝えられている。

 斉彬の性格を形成する上で、母の薫陶と共に曽祖父重豪の影響は無視できない。重豪は宝暦5年(1755年)に藩主となり、天明7年(1787年)に長子斉宣に藩主の座を譲ったが、長寿を保ち亡くなる寸前まで実質的に薩摩藩を支配した。進取の気象が強く特に蘭学には強い関心を持っていた。

 ある時大切にしていた玻璃の一個をお側で使えていた部下が壊した。重豪は激怒し、その部下を閉門にした。斉彬は当時10歳くらいだったが、これを伝え聞き重豪のところに赴き、残りの玻璃を全て自分にくれるように頼んだ。斉彬が言い張るので重豪は残りの全ての玻璃を斉彬に与えた。斉彬は重豪に「器物を壊した罪はあったとしても、所詮玻璃は物にすぎない。部下を許してやって欲しい。」と嘆願した。斉彬の依願を受けて、重豪は部下を即座に許したといわれている。重豪は周りにいた家臣に「斉彬は玻璃が欲しいわけではない。玻璃の残り物があると、また、家臣に被害が及ぶのでもらい受けたのだ。年は若いが実に偉い者だ。」と語ったと伝えられている。

 また、斉彬が幼き頃、お化けを全く怖がらなかったといわれている。これは「我心我向」つまり「お化けは自らの心より生ず」という曽祖父重豪の教えを守ったことによる。幼いころから非凡な才能を斉彬は示し、一度聞いた話は決して忘れなかったと言われている。

 重豪はシーボルトなどとも親交があり、オランダ語もかなり理解していたようである。彼自身の直筆のアルファベットが残されている。とても綺麗な筆記体である。オランダ商館長であったチチング、ブロムホフや商館長でもありオランダ語辞書の編纂をしたズーフなどとも懇意であった。

 薩摩藩は徳川の末期には多くの他藩と同様に財政的に困窮していた。その一因は重豪の舶来好みもあったかも知れないが、宝暦3年(1753年)徳川幕府から木曽川、長良川、揖斐川の治水工事が命じられたことによる。予算総額は30万両以上だったと言われている。工事の総奉行であった平田靱負は予算が大幅に超過した責任をとり完成後切腹した。文政年間(1818年~1831年)から天保年間(1831年~1845年)にかけて薩摩藩の負債は500万両を超えると言われていた。山田方谷が経営改革をした備中松山藩の累積債務の20万両に比べ25倍もあった。薩摩藩の石高を72万石とし、備中松山藩を5万石とすれば、石高でも14倍であったが、如何に薩摩藩が大きな負債を負っていたかが伺える。

本誌:2020年12月1日号 21ページ

PAGETOP