WEB VISION OKAYAMA

話題トータルデザインセンター

政府配布マスクを児童施設へ 未開封品の寄付募る

  • 上村祐貴氏

 ㈱トータルデザインセンター(岡山市北区奥田本町15-20、上村祐貴社長、資本金3000万円)は、政府が支給した布マスクを児童養護施設に寄贈するプロジェクトをスタートした。

 未開封のものが対象で、感染防止の観点から同社到着後4日目以降に目視で検品を行う。同社は、2017年から児童施設にはしをプレゼントする「はしながおじさん」プロジェクトを行っており、そのネットワークを生かし県内施設に寄贈し、その後県外施設に広げる計画。

 未開封が条件のため早めに取り組みを知ってもらおうと4月下旬にSNSで告知したところ、たちまち広まり、先行して手元に届いた東京都内から多くのマスクが届きはじめたほか、福岡県などでは「個々から届いては処理が大変でしょう」と取りまとめする人がでるなど多くの反響があったという。上村社長は「税金のむだ遣いとやゆする声もあるが、使わないなら必要とする人に行き渡るよう協力してほしい」と呼び掛けている。

本誌:2020年5月25日号 5ページ

PAGETOP