WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル菊池酒造

消毒液代替の酒

  • 度数70の高濃度酒

 菊池酒造㈱(倉敷市玉島阿賀崎1212、菊池東社長、資本金1000万円)は、新型コロナウイルス感染拡大で品薄状態のアルコール消毒液の代替品として高濃度アルコール酒を発売した。

 アルコール度数70と66の2種類。720ml。価格はそれぞれ1700円、1650円。主に医療機関・福祉施設などの利用を想定。また、度数66の酒は消防法上の危険物とならないため、一般消費者の利用も想定している。両商品で約5000本製造。

本誌:2020年5月25日号 8ページ
関連リンク:菊池酒造

PAGETOP