WEB VISION OKAYAMA

連載記事河村まどか マナー講座

魚の食べ方

  • 尾頭付きの魚の食べ方
  • 食べ終わったままでは…
  • 食べ終わった骨は皿の片隅に

 (2020年緊急事態宣言時に記す)日常は外食の多い貴方様も、ご自宅での食事の時間が増えていらっしゃることと思います。美味しいお料理屋さんにて、美しく盛り付けてあるお料理を多くご覧になってきた経験をお持ちの貴方様ならば、ご自宅においても紳士的な態度でお食事を楽しんでいらっしゃることでしょう。この度のご自宅での食事時間が増えたことを期に、貴方様が外食時にたしなんでいらっしゃるお食事のマナーを、お子様やお孫様にも伝授なさってはいかがでしょうか?この度は、年齢にかかわらず必ず修得しておくべき、簡単な食事のマナーについての紹介です。

 この度の教材は、イメージしやすいように頭のついているお魚を用意いたしましたが、頭のついていないお魚の場合も同様の考えです。まずは上側の身をいただきます。しっぽやひれをお箸で切り離し、骨をはずします。お箸を持っていない方の手で、魚を軽く抑える場合は、懐紙を添えると手が汚れず便利です。(私のお出かけ用バッグには常に懐紙の用意があります。ちょっとした機会にお茶席用とは別にお食事用としての懐紙入れをプレゼントなさるのも、貴方様の教養の素敵な一面となるのではないでしょうか?)魚をひっくり返して裏面を頂くことがないように楽しい練習時間をお過ごしになることを願っております。

 裏面を頂いた後はこのようになりますが、骨標本模型のように、骨をそのままお皿に飾っておくことは、貴方様のお立場や品位から申しますと、相応しいとは言えません。お皿の片隅にまとめておきましょう。その点から申しますと、骨が柔らかく折れてしまった場合も気にすることなく、お皿の片隅にまとめておきましょう。

 間違っても、「もとの景色を大切に」との食事のマナーの基本の言葉を気にかけすぎて、バラバラになった骨を、元の魚の形を再現するごとく、並べてようなお子様染みた発想をお持ちになりませんように。また、そのような間違った発想をお子様に伝授なさいませんようにお願いいたします。貴方様が出入りをなさっている心得のあるお料理屋さんならば、焼き魚も煮魚も、この度のお魚の食べ方マナーが上手くいくように、お魚に細工をして下さっているはずです。

 現在の緊急事態宣言下の状況により、複数名での外食が難しいとお思いになるようでしたら、貴方様のお気に入りのお料理屋さんにお持ち帰り用にてご依頼をなさるのも、一つの案ではないでしょうか?お子様やお孫様の教育のためと申しましても、貴方様に取りまして大切なお方のお手を煩わせることがありましては、提案致しました私と致しても大変心苦しく思います。

 ここは、貴方様の日常からのご活躍を、十分ご存じのお料理屋さんならば、貴方様の味方でいらっしゃるでしょうから、上記のお魚マナーが上手くいくための細工は十分なさって下さり、大切なお方のお手を煩わすどころか、美味しいお料理を頂くことが出来るのですから、貴方様のプライベートでのお立場も素敵な状況になるはずです。今回の誌面での提案を通して、貴方様がご家庭内において博識でいらっしゃることが益々評価され、飲食産業の皆様の潤いにもなりますと幸甚です。

本誌:2020年5月25日号 17ページ

PAGETOP