WEB VISION OKAYAMA

連載記事山田響子の魅力を引き出すコミュニケーション術

伝わる話し方の第一歩

 前回の連載でユーチューバーとしても活躍している「中田敦彦さんの伝え方」から学べることとして、語り出しのティーアップについてご紹介しました。今から話す内容は役に立ちますよ、大変興味深いですよ、だから心を込めて伝えます、ついてきてくださいね。と宣言してから話し始めるのです。これはぜひ真似をしてほしい点です。

 次に、「中田敦彦のYouTube大学」の動画を見ていると大変参考になる点があります。それは、見ている人の心が離脱するタイミングにきちんとフォローを入れるという点です。「今、それどういうこと?って思ったよね」「全然分かりません~もう帰りたいです〜ってなるよね」と聞き手の声を代弁して語るのです。その上で、大丈夫今から分かりやすく説明するからね、と続けるのです。それは、いつも聞き手の心の声、頭の中の独り言に意識が向いていて、こう感じる人がいるかな?こう思ってしまうかな?とこんな疑問が湧くかもな、と汲み取っているからです。そしてその頭に浮かぶ独り言ときちんと対話しながら進行するから、「分からない」がなくなるのです。経済・政治・歴史・文学と幅広い分野を取り上げていますが、いずれも自分で調べたり名著を読んだりするのは大変だと感じるものばかりです。しかし中田さんの動画なら「分かる!」その上に「面白い!」。だから現在の再生回数と登録者数を生んだのではないでしょうか。

 伝えるということは、相手の頭の中の独り言と対話することだ。そう思いながら伝えている人がどれくらいいるでしょうか。多くの事業主の方の伝える力をトレーニングする立場にある私ですが、話すのが苦手という人ほど、話す場を与えられたら相手の反応などおかまいなしに一気に話し続けるという傾向があります。相手が興味を失っていたり、相手が質問を挟み込みたくなっていたりしても、そのことに意識は向いていません。

 話して伝えるということは、常に対話なのです。スピーチや講演のように一方的に話すシーンであっても、聞き手の頭の中には「声に出さない独り言」があり、その独り言を無視しないことがとても大切です。経営者やビジネスマンの方なら「時間の価値」は痛いほど分かっていて常に意識されていることでしょう。しかしスピーチが残酷なほど相手の時間を奪っていることに自覚がある方がどれくらいいらっしゃるでしょう。朝礼での挨拶、会合でのスピーチどんなにつまらない分かりにくい話でも、あからさまに「聞かない」という選択ができる人は少ないでしょう。分かろうとして聞く、最後まで聞いたのに分からない、途中で分かるのを諦めたけど聞いているふりをしていた、など皆さんにも経験があるのではないでしょうか。

 目の前に人がいるスピーチならば、「次に何を言おう」と自分の頭にだけ意識を向けるのではなくて、目の前の人の表情や反応に意識を向けてほしいのです。分からない時、これは興味深いぞと思った時、人は反応するからです。

 中田敦彦さんのYouTube大学も、スタート当初は中田さんが1人でカメラに向かって話していました。途中から授業のスタイルをとり観覧者を入れるようになりました。そのことが圧倒的に授業が面白く、分かりやすくなったきっかけの一つだと感じています。中田さんはカメラに向かって話しながらも、時に観覧者に向かっても目線を送りながら語ります。観覧者から「え〜〜!」や「へえ〜」という声が上がるから、エネルギーを持って語り続けることができます(私が観覧した収録は2時間越えでした。たった1人で、ノンストップで語り続けるエネルギーに感動しました)。また、ここまで大丈夫かな?みんなついてこれているかな?と表情から理解度を汲み取っているから、「今分からないと思ったよね」と汲み取ることができるのだと思います。

 伝えることは相手の思考との対話である。そしていつも相手の思考への関心を寄せること、それが伝わる話し方の第一歩です。

本誌:2019年11月11日号 13ページ

PAGETOP