WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[経営]ジュニアNISA始まる

Q 平成28年1月からジュニアNISAの申込受付
が開始となるそうですが、ジュニアNISA及びNI
SA制度の概要について解説して下さい。

少額投資非課税制度の活用を

A 平成27年度金融証券税制の以下の改正がありました。

1. NISA(少額投資非課税制度)の拡充:

(1)NISAとは、非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡所得等の非課税措置(本則税率20%の例外)で、平成26年1月1日から適用されています。非課税対象は上場株式等の配当・譲渡所得で、毎年の非課税投資上限額は100万円(非課税期間最長5年間で途中売却は自由)、平成35年12月末まで年間1人1口座開設可能で最大5口座500万円まで可能です。

(2)今回の改正内容:NISAの年間投資上限額が平成28年分以降、120万円に引上げられました。

2.ジュニアNISA(未成年者口座)を新設:

(1)制度概要は、両親や祖父母が0才~19才の未成年の子や孫の為の非課税口座を開設できる制度で、親権者等が未成年者を代理して運用管理します。平成28年1月1日から口座開設可能で、同年4月1日から当該口座に受入れる上場株式等の配当・譲渡所得が非課税となります。毎年の非課税投資上限は80万円(非課税期間は最長5年間)で、平成35年12月末まで年間1人1口座開設可能。最大で5口座400万円まで開設できます。なお18才までは途中払出し不可で、20才以降は成人NISAに自動引継ぎされます。

(2)留意点:若年層への資産の早期移転に一定の効果がありますが、非課税限度を超えると贈与税がかかる点、譲渡損失は他口座との損益通算及び繰越控除不可となる点にご注意下さい。(下図は金融庁HPより)

本誌:2015年12.14号 29ページ

PAGETOP